着物買取の流儀


着物買取の査定に出す前にチェックしたいこと

着る機会がない着物を所持している人は多くいるようです。物を片付けて気持ちよく暮らすこととその方法が話題になっている現在で、着物はその処分に悩んでいるもののひとつといえるようです。着物買取は、そんなときのひとつの方法になります。着物買取の査定に出す前には、その着物に対してチェックしておきたいことがいくつかあります。まず新品かどうかです。そして新品であれば仕付けをが付いているかどうかです。仕付けが取られていなければ、新品であることがすぐにわかります。そして、未使用かそうでないか、未使用ではなかった場合でも、着用した回数が少ないほうが査定価格は高くなります。目安としては10年以内であれば買取はしてもらえて、比較的高く買い取ってもらえるようです。新品ではなく古い着物の場合は、有名作家の作品であればその価値は古くても高くなり、色柄、保存状態が良いものも価値はあるようです。着物の生地は多くが正絹ですが、これは経年劣化が起こります。そのため、ぱっと見ただけできれいでも、裏地や金や銀の糸などが変色していたりすることも起こり得ます。また、たんすに入れておくだけで自然としみや色あせも発生するので、着物買取を検討する場合には、まず保存状態を確認することが必要でしょう。