着物買取の流儀


着物買取はプロの鑑定士がいる店舗で

家に着なくなった着物があるなら、買取が可能です。小紋や付け下げは数百円から数千円、訪問着や振袖であれば数千円から数万円になることがあります。ただし素材、保存状態、作家物であるかどうかなどによって、買取価格は異なってきます。素材がポリエステルやウールでは、値がつかない場合もあります。作家物は、作家の人気の程度によって価格が変わります。また、着物買取において柄は重要です。柄には流行があるため、いくら保存状態が良くても需要のない柄では、買い値が下がります。しかし査定してみないと本当のところはわかりません。一般的なリサイクルショップでは、買い取ってもらえなかった着物でも、着物買取専門店では高値がつくことがよくあります。着物の売却を考えているなら、着物専門の鑑定士によって査定してもらえる業者が良いでしょう。買取専門店の多くが、メールフォームから写真を送付するだけで、仮査定をしてくれます。LINEによるスピード査定もあります。少しでも高く売るには、複数の買取店で査定してもらうことが大切です。