着物買取の流儀


着物買取では売るお店が重要です

着物買取を依頼するときには、売るお店をしっかりと選ぶことが必要です。着物というものは、物の価値を知っている人でないときちんとした金額を出すことができません。そのため、専門的に査定ができるところで行うのがポイントです。そして、着物自体も質が良いといい値が付くことがあります。まずは、裏地の変色などがなく擦れやほつれなどがないことがポイントです。どうしても、使っていると擦れがあったりしてその分価値が減ってしまいます。そして、高い値段が付くポイントとしてある程度の大きさが必要です。小さいと使える人が少ないため、質のいい生地を使った着物でも価値が低くなることがおおいです。しかし、ある程度の大きさがある着物に関しては調整などもできるため高めになっています。そして、老舗の呉服店で販売されたという証拠があればより高い金額をつけてもらうことができます。そして、種類もあり留袖や振袖や小紋などがあります。そのため、実際にプロの目で見て査定をしてもらい判断をして着物買取をしてもらうことが必要です。